【下町のおしゃれ隠れ家!】バクロコモン

【カフェ・レストラン】 2019年02月02日

【下町のおしゃれ隠れ家!】バクロコモン

【下町のおしゃれ隠れ家!】バクロコモン

【下町のおしゃれ隠れ家!】バクロコモン

【カフェ・レストラン】
2019年02月02日
  • twitterで送る
  • LINEで送る
  • facebookで送る

 

出典:https://play-life.jp/plans/17277

 


 

問屋街にカフェ

 


 

出典:http://syounanlife.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/bakuro-common-2.html

 

東京、東日本橋の問屋街の中にただ一軒カフェがポツり、「bakuro COMMON」

 

看板のないこのカフェは、まわりの問屋街に調和していて一見気づかないかもしれないが、一歩店内に足を運べば雰囲気がガラリと変わるにちがいない。

 

一階は、大きめのソファーが並び、舶来品から日本酒まで、お酒がおしゃれに並べられたカウンター、その前の柱に掛けられてるのが、ポテトカッター。実際にフライドポテトを調理する際に使われている現役の品。一階は全体的に見通すと、西部開拓時代のアメリカのバーのような雰囲気でおしゃれ!

 


 

アダルトな二階

 


 

出典:https://ameblo.jp/lm071473/entry-12163527958.html

 

二階は一転して、また別の感じのデザインになっています!階段を上がって、一際目立つのが、おしゃれな壁一面に置かれている洋書たち。

 

オーナー自ら神田神保町の古書店街で集めたという、おそらく日本では滅多にお目にかからないだろう本が並べられています。珍しい本が好きな方には、是非オススメです!

 

二階は夜になると、またちょっと違った、アダルトな雰囲気が醸し出されちゃいます。テーブルの上のキャンドルの灯りと、あえて明るくなくされた照明、外からの光で照らされるこの空間は、オーナーの〈愛を語れるお店にしたい〉というこだわりが表現されている空間と言えるでしょう!!

 

これから愛を語るような計画をお持ちの殿方がもしいるなら、是非ここで語ってもらいたいですね~!♡ 

 

他にも、トイレにちょっとした仕掛けがあったりするのですが、そこは実際に来店してのお楽しみ♡

 


 

知る人ぞ知る「ドライエイジングビーフ」

 


 

出典:http://tokyo.itot.jp/bakurocho/212

 

「bakuro COMMON」の特筆すべきメニューといえば、ドライエイジングビーフ!肉を熟成させ、さらに柔らかく食べれるようになったこの肉を、「bakuro COMMON」では100g 1500円程で食べることができちゃいます。

 

ドライエイジングビーフを知っている人は、この値段に驚くかもしれませんね。ランチメニューのハンバーガーも、1000円でとても満腹になれるボリュームです!

 

〈みんな集まれる場所〉にしたい、そんな「bakuro COMMON」日本橋店、是非いかがでしょうか。

 

 

店名    

バクロ コモン (bakuro COMMON)

電話    

050-5890-0237

住所    

東京都中央区東日本橋3-12-7 鈴森ビル 1F・2F

 

交通手段        

都営浅草線 東日本橋駅B4出口より徒歩1分

JR総武線・都営新宿線 馬喰町・馬喰横山駅A4出口より徒歩2分

 

東日本橋駅から138m

 

営業時間        

【月~金】11:30~23:30

【土】12:00~23:30

【日祝】12:00~22:00

 

[ランチ]

11:30~15:00L.O.

12:00〜15:00L.O.(土日祝)

[カフェタイム]

15:00~17:00

[ディナー]

17:00~23:30(22:30L.O.)

17:00~22:00(21:00L.O.)(日祝)

 

日曜営業

関連記事

PAGE TOP